2016年06月10日

岩槻区 平林寺 Y・M様  2016.05.20 竣工


1こめの説明が入ります。





2こめの説明が入ります。





3こめの説明が入ります。





4こめの説明が入ります。





5こめの説明が入ります。





6こめの説明が入ります。





7こめの説明が入ります。





8こめの説明が入ります。





9こめの説明が入ります。





10こめの説明が入ります。





11こめの説明が入ります。





12こめの説明が入ります。





13こめの説明が入ります。





14こめの説明が入ります。





15こめの説明が入ります。





16こめの説明が入ります。





17こめの説明が入ります。





18こめの説明が入ります。




2016年06月09日

中央区 鈴谷 N様 2016.05.02 竣工


意外とマンションが立ち並ぶ中央区なんですね。ちょうど、私道が南側ということで、
採光と防犯を意識しながらルーバーをうまく使ってみました。
玄関部分も道路からの目線を気にしないように工夫してみました。





18帖のLDKからキッチン側を見てみました。開放感のあるLDKでの楽器の演奏会は
とても大切な時間を作ってくれそうです。画像から見えませんが、ウッドデッキも
大きなアクセントになってます。





キッチン側からみた光景です。左奥は、4.5帖の和室になっています。この続き間が、
癒しの空間を生んでくれます。右側扉奥は、書斎兼書庫です。





キッチン正面に立つと一階部分が見えてきます。
オープン階段にすることで、家族の一体感(声・音)を感じられます。
吹付断熱ということもあり、寒さ、暑さはそんなに感じません。





キッチン・カップボードはトクラス仕様です。
カップボード、窓の配置、カウンターの使い勝手でいろいろなことができそうです。
浄水器はタカギ仕様です。
奥の観音開きの収納は、いろいろなものが収納可能なあってほしい収納庫です。





正面は、勝手口ですが上下開放式です。
カップボードとキッチンの1000㎜のこの空間が、
お料理を楽しく作る動線(複数での交差)を確保しています。




一階奥の和室です。
窓の形状を考慮し上げ下げの障子にしてみました。
そして壁は「珪藻土仕上げ」床は、「琉球モドキ」の畳で仕上げました。
一階でくつろぎたい一番の部屋です。引き戸を閉めればなぜか、よく眠れます。





おまたせしました。
ここが構造計算を三回もし直した書斎兼書庫要塞です。





二階には、はしごで上がれる!いや、リビング階段からちゃんと入れるんですが、
なぜか、基地仕様です。二階のキャットウオークも見えると思いますが、
通気と採光にも気を使っています。





はしごの後ろが、カウンターになっています。
ここで、パソコンやいろいろなことが出来る(多くは書きません)仕組みになっています。





二階部分には、天井にトップライトを設けました。
男の秘密基地ですね。
機会があれば、ご了解をいただいて、
書庫がビッチシ埋まった画像も掲載させていただきます。





二階の女子の部屋です。日本アイピー製の家具を再取付しました。
(私も30年前にこの商品を施工管理していました。懐かしい)


Menu