2017年02月15日

頭金ってどのくらい用意すべき?

■頭金とは?何のために必要なの?
頭金ってどのくらい用意すべき?住宅ローンを利用するときの「頭金」とは、物件価格からローン借入額を引いた金額を指します。
3,000万円のマンションを購入するのに、住宅ローンが2,500万円なら、頭金は500万円です。

似たような言葉に「自己資金」があります。
自己資金とは、頭金に住宅購入に必要な諸費用を加えた金額です。

多くの住宅ローン利用者が、手元にある貯蓄や親の援助を自己資金にあててローン利用額を減らしています。
では貯金もなく親の援助も期待できない場合、頭金0、自己資金0で住宅を購入するにはどうすればよいのでしょうか。

「頭金ってどのくらい用意すべき?」続きはこちら

住宅ローンを組む手順とは?

■住宅ローンを組む基本的な流れ
初めて住宅ローンを利用する前に知っておきたい、住宅ローン手続きのおおまかな流れをご説明します。・購入したい不動産が決まったら「仮審査」

住宅ローンを利用してマイホームを購入したいと思ったら、購入したい不動産が決まった時点で金融機関に「仮審査」を申し込みます。
仮審査を行うことで、購入したい不動産の担保評価や借入希望者の信用調査などが行われ、大まかな金額で借入可能かどうかがわかります。
本審査は不動産の売買契約締結後に行われるので、万が一審査が通らなかった場合に面倒なことになります。
事前に仮審査を行うことで購入の見通しが立ち、本審査にスムーズに移行することができます。

「住宅ローンを組む手順とは?」続きはこちら

2017年02月09日

工務店で家を建てるメリット・デメリット

家づくりにはパートナー選びが必要不可欠です工務店で家を建てるメリット・デメリット
家づくりの際、重要になるのは「パートナーをどう選ぶか」です。信頼感のある“ハウスメーカー”は、モデルハウスも高品質ですが、思い通りの家は建てにくい傾向にあります。

技術の高い“工務店”は親身になってくれますが、デザインやセンスへの不安は残ります。かといって、デザインの得意な“設計事務所”は個性が強く、敷居が高いイメージもあります。

地元工務店で建てるメリット・当社が目指すこと

img02.jpgアイ・エスホームは、ハウスメーカーの“信頼性”と工務店の“確かな技術”、そして設計事務所の“デザインセンス”を兼ね備えた“家造りのおパートナー”になること誓います。

丁寧にヒアリングを行い、住み心地、安心感、見た目の美しさ、価格、細部へのこだわりなど、お客様のご要望に洗練された品質をもってお応えしていきます。

Point 1. 「痒いところに手が届く」「転ばぬ先の杖」アイ・エスホームは、地元工務店91年皆様の住宅造り、既存住宅のメンテナンスをさせていただいております。「痒いところに手が届く」「転ばぬ先の杖」として、お客様には「ワンストップサービス」を実施してます。
すなわち、住宅ローンの事前審査・本審査・土地探し、契約・仮住まい・引っ越し・解体工事・注文住宅建設・金消契約・外構工事まで、すべて自社施工、また、自社事務所で住宅ローンの事務手続きが出来るシステムとなっています。

Point 2. 信頼性の高さ 「設計士が直接お話しします」設計士と直接、家の話ができます。アイ・エスホームには、3人の1級建築士が在勤しています。(営業・統括、設計室長、開発・行政調査)
ご家族にとってどのような家がいいのか?しっかりお伺いしながらお話を進めていきます。
宣伝広告費など余分な経費をかけず、効率の良いコストカットをしています。

Point 3. 確かな技術・真摯なサービス「チーム石山が施工します」確かな技術・真摯なサービス自社の大工と、協力業者、「チーム石山」が家造りの見えない部分を大切に施工しています。
どんな職人がこの家に携わったのか、携わった仕事を自らの手で最後まで受け持つ、受け繋ぐ(メンテナンス)ということを大切にしています。

当社の職人紹介はこちら

Point 4. 「土地探しや土地調査も行っています」この辺りの地域で家が欲しいんだけど・・・。そんな時もしっかりとお手伝いいたします。
「この土地で本当に建てていいの? この金額で大丈夫なの?」
など、不動産屋さんが教えてくれない上手な土地の探し方をアドバイスします。
ご興味ある方は当社にご連絡ください。

セミナー・相談会のご案内はこちら

Point 5. デザインセンス「住む方に合わせた設計」img03.jpg地元を熟知していることにより、どのような家が最適なのかをご提案いたします。
住環境シミュレーションツールを用いて、お客様に具体的に見える形でご説明します。

【採光シミュレーション】
地域や建物の方位、窓の高さ、位置の諸条件によって、「陽当たり」はかなり変わってきます。そこで、地域、季節と時間帯による太陽高度とその位置関係を的確に反映し、各部屋の陽当たり状況の表示が可能になります。

また、直射光以外に環境自然光も計算しますので、陽が直接あたらない部屋での採光状況も把握できます。

1.人と自然(光・風・水)の調和した家づくり自然と 調和した家は、住む人にとって快適な家となります。
さいたまの気候風土に合わせた風の流れ、光の道、自然素材を活用し提案します。

2.施主様のライフスタイルと調和した家づくりご家族のライフスタイルに合わせて、心地よい空間で過ごせる家づくりを提案します。

3.地域環境と調和した家づくりさいたま地元の気候風土や生活文化、周辺の生活環境に調和しながらも、あきのこない外観デザインをご提案します。


Point 6. 「その家はどれくらいの光熱費がかかるのか? 見える化を行っています」img04.jpg安く建てることができたとしても光熱費が高いと意味がありません。
まして高級な家を作っても夏暑く、冬寒いのは・・・。

その家が断熱性、サッシの数、どの地域にどの方位に建てるかによって、どれくらいの光熱費がかかるのかをシュミレーションソフトを導入して計算し、建物の燃費性能を見える化しています。

Point 7. 「やれることは自分たちでする」当社は、打ち合せ、各種申請、現場管理、仕入れ、施工など、できる作業は全て自分たちで行います。その分の費用を、住宅建築の見えない「構造体・断熱材・耐震等級3の構造計算費用・住宅設備の標準仕様」にかけています。


デメリットと当社の対応について

その1. 極端なデザイン重視の建物は設計しません。自社でしっかりメンテナンスできる範囲の構造・工法の家づくりを行っています。

その2. 設計のご依頼が集中すると対応ができません。少人数で行っておりますのでお急ぎのご相談の場合はお断りさせていただく場合がございます。各担当者、1か月1棟までを目安にしておりますので、お待たせする場合があります。

その3. 豪華な商品カタログや豪華なパンフレットがありません。手作りの資料も多く、豪華なカタログ・パンフレットなどはご用意しておりません。

その4. 専門の営業担当がいませんので、追客ができません。営業がいませんので、ご自宅等ご連絡なくお伺いしておりません。

お金はいくらかかるの?大切なお金の話

初めの一歩は、ここからなんですお金はいくらかかるの人生において初めての大きな買い物が「我が家」です。決して安い買い物ではないし、はじめてでどうしていいかわからない。

資金は「銀行」、家の設計は「設計事務所」、注文住宅は「ハウスメーカー・ビルダー・工務店」、土地探しは「不動産屋」こんなことしてたら仕事だってままならない。こんな思いで、頭を抱えている方が本当に多いのです。

この問題を、一つの窓口で解決できるとしたらどうでしょうか。

ライフプランを基にした資金計画は「事前審査」から人生において必要な三大資金、それは「住居費」「教育費」「老後費」と言われています。家づくりも大切ですが、住居費ばかりに費用をかけすぎてしまうと、残りの「教育費」と「老後費」が捻出できなくなってしまいます。そこで、まず「事前審査」をお勧めします。

そうなんです。ご主人の年収(源泉徴収票)から、いくら借りられるか。
それは、今の賃貸の家賃と比べて高いのか安いのか。(返済可能か)

その総額から、土地+注文住宅にかける費用がわかってきます。

機能的な家を無理なく手に入れるために、アイ・エスホームではお客様のライフプランを基にした購入計画をご提案しています。「無理のない資金企画で質の高い家を手に入れたいけど無理かな・・・」と諦めていた方、一度当社にご相談下さい。

意外とかかる建物以外の費用アイ・エスホームでは、土地の購入及び諸費用から建物以外の諸経費を含めた経費を算出し、お伝えしています。
全てを含めた購入計画のご提案となりますので、大幅な予算オーバーを避けられます。

ところで、現在の日本に、何種類の住宅ローンがあると思われますか?
なんと、約5,000種類も存在すると言われています。

これらのローンをお客様がひとつずつ調べ、最適なひとつを選ぶのは、ほぼ不可能です。
アイ・エスホームではお客様に代わり、正しい住宅ローンの知識を持ったスタッフが最適なプランをお選びいたします。
ご希望や現在の状態などをうかがったうえで、責任を持ってご提案しますので、どうぞご安心ください。

ローンでお悩みの方へ

アイ・エスホームでは、資本計画でお悩みの方に向けた個別相談会を行っています。

・「注文住宅を建てたいけど、年収が300万円もない」
・「消費者金融からお金を借りている」
・「自動車のローンが残っている」
・「頭金を出さないで住宅ローンを組みたい」
・「転職して半年ですが、銀行ではローンが難しいと言われた」
・「住宅の解体、仮住まいの場所、引っ越し屋さんの手配、滅失登記とかどうすれば」
・「親からもらった土地が調整区域にあるのですが、家建ちますか」
・「アルバイト、パートでも住宅ローン組めますか」
・「住宅ローンの書類って、窓口に行っていろいろ時間かかりますよね」
・「銀行で土地+建物の住宅ローンを組もうとしたら、土地購入からローン返済が始まり、

家賃も払いながらの(2重払い)住宅建築って言われました」
このようなお悩みを抱えた方も、解決につながる方法が見つかるかもしれません。どうぞ遠慮なくご相談下さい。

土地相談会・資金計画勉強会を実施しています

家づくりは、ほとんどのお客様が初めて経験されること。不安や迷い、わからないことも多いことでしょう。
アイ・エスホームでは、お客様の不安を軽減・解消するために、勉強会を実施しています。
家づくりの費用の見当がつかない!そんな方には、資金計画勉強会をおすすめしています。
家が完成するまでにかかる自己資金の流れ、建物以外の経費の調べ方など、わかりやすく解説いたします。お気軽にご連絡ください。

土地は探してくれるの?

資金計画で「マイホーム資金-建設費-土地」は、必要不可欠!土地は探してくれるの?ご家族のライフプランやご予算にぴったり合致した“いい家を建てられる土地”とは、マイホームの資金の「総合計から建設費用を引いた予算内で購入できるのが“いい土地”」 と、私たちは考えます。

土地探しに最も大切なのは自分たちの希望条件をまとめ「譲れる条件」と「譲れない条件」をしっかり把握し、情報収集すること、そして現地に朝・昼・夜と足を運ぶことです。

アイ・エスホームは土地を検討する時点で、希望する家のライフプラン、外構工事などを含めたトータルな予算、土地の決済からご入居までの資金計画をご提案した上で、お客様のご要望にあった土地探しをお手伝いいたします。

土地を購入する際に大切なこと土地は探してくれるの?一度購入した土地の形状を変える事や、法律を破ることはできません。
せっかく買った土地、買い直すなんてことしたくないですよね。

土地を購入する際、資料だけではその土地の全てを把握することは難しいこと。
「住めば都」と言うことわざがありますが、解らないことはきちんと事前に自分たちの目で確かめるのが大切です。

これから暮らしていくのですから、ずっと住みやすくそして自分たちが納得できる土地でなければなりません。
親子何代とその土地に住むことを考えれば尚更ですね。


では、土地選びを失敗しない為には・・・

■100%満足な土地は見つからない

■気に入った土地は、朝・昼・夜、見に行くこと

■土地探しは、3か月~6か月かかることも常識

■見つけたら!不動産業者との直接交渉は避けること

■販売価格は、売主側の希望価格、交渉で少しでも安く

■土地勘を持った地元工務店を探せ(第三者の目)


土地に関してのご相談をいただいた時には、建てる側の意見(自分達だったらそこに住めるかどうか?)法規的な事も交え、的確に申し上げさせていただいています。やっぱり、よくない土地はどう考えてもよくないのです。

”今日にでも見て欲しい”というのはなかなか難しいご要望ですが、できる限りご対応させていただいております。私たちが現地に足を運び、建てる側の目で見て、必要であれば法務局に出向きこれまでの経緯を調べ、飾りの無い現実をお伝えします。

その意見を聞いた上で、あなた様の土地購入ジャッジのご参考にされてみてはいかがでしょうか? 勿論ご相談は無料となっております。


いい土地に巡り合う為には「金の草鞋を履いてでも探せ」

土地選びのプロセスを決しておろそかにしてはいけません。
1回だけ見ただけや、なんとなく聞いた街のイメージだけで土地を決めることはとても危険なことです。
しっかりとした情報をもとに納得した上で購入する事が大切だと私たちは考えます。まずはお気軽にご相談下さい。

Menu