社長

石山工業所 代表取締役社長 石山 健一石山 健一(いしやま けんいち)

出身地:青森県

生年月日:1957年

資格等:
一級建築士
住宅環境コーディネーター3級
埼玉県被災建築物応急危険度判定士
防災士
ブロック塀診断士
増改築相談員
ハウジングライフ(住生活)プランナー

経歴等:

つばめグリル・4℃・東京ますいわ屋・
銀座フランス屋・5I・ムーンライト(1986~88年)
六本木リージェンシー・チャクラマンダラ・ネペンダ・
椿ハウス・マハラジャ・レキシントンクイーン等の
ディスコの店舗工事を手掛ける。
丹青社・東宝舞台でのフリーでの現場監督を経験。

1989年 有限会社石山工業所 家業を継ぎ現在に至る

社長のコメント

2016年3代目、社長就任12年目を迎えました。
地元工務店として地域のお客様に
安心・安全・快適をご提供させていております。
「痒いところに手が届く、転ばぬ先の杖」として
今後ともよろしくお願いします。
今年から、次男(耕也:こうや)も耐震改修、リフォームを
担当させていただいております。

一級建築士 石山健一

設計室長

石川工業所の建築士 石山 園美(いしやま そのみ)

出身地:埼玉県

生年月日:1962年

資格等:
一級建築士
住宅環境コーディネーター2級
住宅性能評価士
埼玉県被災建築物応急危険度判定士
耐震技術認定者
住環境プロデューサー

経歴等:
株式会社矢内店舗設計・株式会社ワールドを経てフリーデザイナーとして独立。
1992年 有限会社石山工業所 設計事務所立上げのため入社。 現在に至る。

ごあいさつ:
お客様主体の家造りであること。
お客様の想い(家に対する夢)を最大限に具現化することを目指します。
デザイン+お客様の使い勝手を重視したプランニングをめざします。
主婦・母そして女性建築士の立場を生かし、
お客様一人一人にあったONLY ONEの住宅を設計し、喜ばれています。

職人の育成

職人の育成全てはお客様の「想い」の為に

常に、職人としてより良いものを提供する為

長年伝承してきた、職人の技術を後世に伝える為

石山工業所は、代々の棟梁が後進への技術の伝承と共に大工育成塾という、モノづくりの職人の育成に積極的に参画・応援しています。

(大工育成塾長 21年7月31日視察) 塾生 日暮匠

職人集団「チーム石山」

職人集団「石山工業所」石山工業所はお蔭様で創業90年を越えた今も、
職人集団であることにとことんこだわり、

棟梁4 名が営業兼現場代理人

現在3代目の石山健一が、現場管理、積算見積
(リフォーム・店舗工事・耐震改修・公共・営繕担当)、

石山園美が 一級建築設計事務所 主宰
(新築・店舗設計・耐震診断)を担当しています。


職人集団「石山工業所」左から石山譲顧現場監督・関根・田熊棟梁・社長・設計室長・佐藤・関口棟梁です。
関根大工歴 20年・田熊大工歴 36年 とてもシャイで、まじめな2人です。
石山は4代目見習い・佐藤さんは大工歴52年・関口さんは大工歴36年 
弊社の新築部門を担当しています。

職人集団「石山工業所」改めて、左から関口・関根・佐藤神様・小針1・星・小針2・石山BOSS・田熊・設計室長・藤原棟梁です。


職人集団「石山工業所」電気工事担当萩原電機の山中部長です。弊社の電気工事の総括担当です。
「ポートピアが、俺を呼んでるぜ」
現場で会ったら、是非、声をかけて下さい。
あっという間に、昔から友達なような気がしてきます。


職人集団「石山工業所」水道工事担当
三谷住設さん 親子です。
なかなかセンスのある配管工事にはには、定評があります。
「賢ちゃん。笑っててコラエテ」


職人集団「石山工業所」板金工事担当
斉木板金マンさん 親子です。
板金技術としては、神の手を持つ親子です。
「親子で、一級技能士とは、さすがバイキンマン」


職人集団「石山工業所」タイル工事担当
斉藤タイル店さん 親子です。
   
岩槻の新撰組みです。
え、何故かって「社長が勇で、息子が誠ですから」
貼ってる物は四角でも、仕事とはいつもはなまるです。

追伸:親方「井上陽水さんですか?」と、聞かれて「どう~も!!」だって。

職人集団「石山工業所」防水工事担当
フジ防水の皆さんです。
渡辺親方・平原さん・永井君です。
「社長記念写真ですか。」
「違うよ。チャンと仕事をしてるか 証拠写真撮ってるの」

職人集団「石山工業所」鉄骨工事担当
スチールジョイントの荒川さんです。
「鉄骨屋というよりは、スチールアートに生きる男」
ってかんじかな。芸術家的なところが、見えてきましたね。

職人集団「石山工業所」左官工事担当
三沢左官店の重雄オジさんと亮さんです。
「仕事してまっせ。」
内部の珪藻土から、外構工事まで仕事の範囲は広いですよ。
健康素材は全部、おじさんとじっくり現場施工で決めてます。

職人集団「石山工業所」塗装工事担当
光塗装工業宮内班の皆さんです。(班長右から2番目)
はい、全員気を付け。
「 社長、若く撮ってよね」
「いいけど。それなりかなあ」

職人集団「石山工業所」構造材担当
CSLの管さんと、コシイブレザービングの加曾利東京担当です。
「見て、見て、社長さん、3キロやせたのよ」

職人集団「石山工業所」内装材担当
桝徳の藤堂・山崎・長橋さんです。
藤堂さんは、「地盤ネット埼玉」に転職
山崎さんは、弊社担当
長橋さんは1号はサッシ班、2号はキッチン施工班
3号はシャッター班、4号は、エクステリア班です。

「本当なんですね、山ちゃん。」

職人集団「石山工業所」屋根工事担当
イケザワルーティックの池澤専務です。「よ、3代目」
なんせ、おやじの代からのお付き合いです。

職人集団「石山工業所」建具工事担当
石川建具店の石川さんです。
なぜか、埼玉県警の御指名が多いのです。
「匠の技士と言われています。」

職人集団「石山工業所」内装仕上げ工事担当
インテリア杉村の杉村さんです。
クロス・カーペット・カーテンをお願いしてます。
「体にピース」   


職人集団「石山工業所」ハウスクリーニング担当
前野建友の前野さんです。
ハウスクリーニングやさんですが、基本は、洗いやさんです。
サッシからなんでも洗ったいます。本当の水商売です。
「木部の洗いだけは、ピカ一です」すごい。

職人集団「石山工業所」基礎工事担当
桜井建基興業の桜井さんと力持ちの昇一さんです。
ハウスメーカー専門の凄腕軍団なんですが、
ご縁があって弊社の物件もお願いしてます。
検査官がビックリするくらい、芸術的な配筋をします。
「社長今日も暑いね。え、35度 、聞かなきゃよかった。」 

職人集団「石山工業所」内装建材担当
SK住建の椿さんです。
「嫁さん募集中の40歳です。オス、宜しくお願いします」

職人集団「石山工業所」公共工事担当
光塗装工業の遊馬さんとフジ防水の高橋さんです。
「3人で岩槻区の小中学校の外壁改修・防水工事をやりました。」 

職人集団「石山工業所」畳工事担当
大久保畳店の大久保さんです。
畳屋です。一言。日本の夏は金鳥の夏と同じで、日本人には畳です。
宣伝は、このぐらいでいいかな。緊張するなあ。」
おちがよろしいようで。

職人集団「石山工業所」警備担当
弊社の警備担当のモデル犬のシロです。


夢をあきらめない ~ 「ベースボールスピリッツ」vs「家づくりスピリッツ」

  • 石山: 奥村さんは子供のころからずっと野球という夢を追いかけてこられました。イチローの打撃投手としての経験もあって、一流の世界におられたわけですが、現役時代にはどんなことを得られたと思いますか?

    奥村: オリックス時代は打撃投手として、選手を支える裏方にいたわけです。いちばん感じたのは、選手、監督やコーチの意識レベルの高さですね。自分へのこだわりがとても強い。常に自分自身との闘いですから、今の自分の状態を分析して、必要なことが何かをしっかりつかんでいます。自分がいちばん輝くために必要なことをわかったうえで、そこに対する努力は惜しまない。そういう環境にいたことで、選手や監督が求めていることは何かを考え続けてきました。選手からいろんな話を聞いてきたことも大きいですね。

    自分がどう動くと結果につなげられるのか、チームのなかでの信頼関係はそういうことの繰り返しだと思っています。家づくりの職人と似ているかもしれないですね。
  • 対談
当たり前のことを当たり前にやるのがプロ

  • 石山: 当社では職人たちを「チーム石山」と呼んでいます。職人の世界は、当たり前のことを当たり前にやるのが基本ですが、それを毎日100%でやるのは実に難しいことです。

    じつは、若者たちを預かって、家づくりを通して成長を支援する「大工育成塾」という事業にも取り組んでいました。(2014年事業終了)最初は一日働き続けることができないという塾生がけっこういるんですよ。体力的なこともあるし、面倒なことはできるだけやりたくないという意識も働く。大工育成塾では、まず体をつくることから始めました。

    職人の世界では親方や先輩がいて、仕事に取り掛かる前の挨拶や掃除は基本中の基本です。野球でいえば、トレーニングを始める前のグラウンド整備と同じですよね。来てすぐボールを投げるわけじゃない。ものづくりの世界でも、その基本ができていなければ良い仕事はできないと思っています。
  • 対談
  • 奥村: まさにスポーツと同じですね。心技体は家づくりにも通じるわけですね。

    石山: 当社には70代のベテラン職人もいますが、みんなとても元気ですよ。奥村さんは現役を退いたあと、「宝塚ボーイズ」という中学生のクラブチームを作られましたが、そこにはどんな思いがあったのでしょうか?

    奥村: 小学生までは純粋に野球を楽しめればよいのですが、中学生は将来に影響する重要な時期なんです。プロを目指すなら、中学生の時期に経験を積んで鍛え上げていたほうがいい。さきほどの話に出た通りで、野球をする前に、自分たちで道具やグラウンドの整備をすることはとても大事なことだと思っています。

    強いチームというのは、当たり前のことをおろそかにしません。野球を始める前に必要なことは何か、どうすれば気持ちよく練習ができるか、そういう発想力を持って行動できるチームは強くなります。野球の技術の前に、気持ちの持ち方を鍛えることが大事ですね。
  • 対談
  • 石山: 職人の世界では、毎日の目に見えない努力の積み重ねがあって、いくつかのステップをクリアしながら技術を身につけていきます。だから、お客様から褒められると本当に嬉しいですよ。70代のベテランだって、お客様が褒めてくれたときには、顔をくしゃくしゃにして喜んでいます(笑)。

    チームじゃないとできないことがあるとわかっているからこそ、お客様からいただく「ありがとう」の言葉の重さを知っているんです。ベースボールスピリッツは子供のころからチームワークの大切さを学べる貴重な環境ですよね。

    奥村: 子供たちには、一度決めたことをやり続けられる強さを持てるようになってほしいと思っています。仲間の存在も大きいですね。頑張っている子がそばにいると、投げだしそうになっても我慢できる。そうやって継続しているうちに、だんだん苦労と感じなくなるんですよ。習慣化できる人は成長力がある。当たり前と感じるレベルを上げていきたいと思っています。
  • 対談
  • 石山: 親方が上手いと、上手い職人が集まってきます。心技体ができている親方は、人をちゃんと認めることができますから、良い職人が集まるんですね。そうやって一流のプロ集団ができていきます。そのなかでも毎日切磋琢磨しながら、新しいことにも挑戦しています。いくつになっても人は成長できるのだなと思いますね。

    奥村: まさに野球と同じですね。家づくりスピリッツの中心にあるものは何ですか?
  • 対談
  • 石山: 家はただの建物ではなく、家族の一員と考えています。いつもそばに居て、家族の最後まで見守る、それが我が家です。家の寿命は30年などと言われますが、そんなことはないです。目に見えないところにまでちゃんとこだわって作れば、何十年だってもちます。私たちの仕事は、建てて終わりじゃない。施主様の安全・安心そして快適な幸福な未来をつくることが私たちの仕事です。だから引き渡してからのお付き合いを大事にしています。

    上棟式ではチーム石山と施主様で手形式や握手会をやるんですよ。棟梁の堅い大きな手にビックリしたり、胸が熱くなり、涙ぐまれたりすることもあって、そんなときには本当にこの仕事をやっていて良かったと、心から感じます。

    奥村: ベースボールスピリッツも家づくりスピリッツも、大事なことは同じなんですね。
  • 対談

対談

  • 奥村幸治(おくむらこうじ)
    イチロー選手が210安打を達成したときに、イチローの専属打撃投手を務めていたことから"イチローの恋人"としてマスコミに紹介され、それ以来、コメントを依頼されてのTV出演多数。中学硬式野球チーム(宝塚ボーイズ)を結成し、監督を務める。一方、講師として各地方で講演活動をする。宝塚ボーイズの教え子に楽天イーグルス田中将大がいる。
    2008年NPO法人ベースボールスピリッツを設立。野球を通じて子ども達の健全な心身の成長を図るとともに幅広い世代交流、地域交流に努める。カル・リプケン小学生世界大会の日本代表、星野ジャパンの監督としてその任を勤める。

マンガで学ぶ働くママの【必読】アイディア集

メニュー