『ワクワクするような、楽しい家を建てたい!』土地探しから始めて実現したスキップフロアの家

_DSC8427.jpg
家づくりのきっかけは?
子供が小学校に上がるまでには家を建てなきゃ、と思っていました。入学してからとなると転校しなければなりませんから。長男はまだ年中だったんですけど、私が産休中だったので土地も探せるな、と思いまして。消費税も上がると思っていましたし。

石山工業所に決めた理由は?
地元の工務店を紹介しているWEBサイトがあって、そこで会社の存在を知り、何回か見学会に参加させていただきました。土地がなかったので、その時に希望の条件をお伝えしていたんです。しばらくして、いい土地を見つけてくださいました。手前側が低く、奥が少し高くなっている土地でした。主人の希望が、「何の変哲もない普通の家はつまらない。住んでいてワクワクするような、そんな楽しい家を建てたい!」というものだったので、スキップフロアの家がいいなと思っていました。この土地であれば、手前側を一段下げて、カーポートバルコニーを造って、スキップフロアのプランができるな、と思って設計室長に相談したんです。そしたら、「それいいですね!そうしましょう!」と、すぐにそういうプランを描いてくれました。そのころには、私の中では石山さんにお願したい!と思っていたのですが、主人はあまり石山さんとやり取りをしていなかったので、他のハウスメーカーにも話を聞いたほうがいいんじゃないか?と言い、何社か話を聞きに行きました。でも、そういうピンとくる提案をしてくれる会社は他所になく、これまでのやり取りから信頼もできたので、石山さんにお願することに決めました。

_DSC8106.jpg_DSC8321.jpg

スキップフロア以外にはどんなご要望がありましたか?
家事のしやすさにはこだわりました。室長に相談しながら、「ここは本当に通れるのかしら?」「これだけあれば十分通れますよ!」とか、さんざんやり取りさせていただきました。あとは、二人のお友達が、先行して家を建てていたのでお話しを聞いたり、ネットでいいなと思うものを探したり。そうそう、スキップフロアがいいなと思ったのも、もとはネットで見つけていいと思ったからです。リビングの下のフリールームに下がる入口を下がり壁にしてもらいたいとか、テレビ台の両脇にスリットの窓を造りたいとか、スキップフロアの上にこんな本棚を造りたい、とかもピンタレストで見つけた画像を室長に見せて、「こういうふうにしたいんです!」とお願いすると、「わかりました!」とすぐに反映してもらえました。要望をスムーズに伝えることができ、それを的確に採り入れてもらえたので、とってもよかったです。

DSC_0183.jpg

家を建てているときに印象に残ったことは?
何度もチェックにいったんですが、洗濯機置き場のコンセントの位置とか、窓やエアコンの位置など、細かいけれど、変なところにつけると、後々後悔するようなところは、声をかけていただき『この辺でいいですか?』とか聞いてくれたんです。また私がみて、「あちゃ、これはここにしたほうが良かった」と思ったことは、室長や監督に相談して変えてもらえるところは変えてもらいました。何も聞かれずにそのまま付けられていたら、と思うと声を掛けてもらって、本当に良かったと思います。

住み心地はいかがですか?
本当にいいですよ。真夏に家に帰ってみたら、涼しくて、外と全然違うのでビックリ!こんなに違うんだ!と驚きました。24時間換気のおかげか、朝起きてみると前の晩の夕食のにおいなんかすっかり消えています。以前住んでいたマンションでは匂いがこもって翌朝になっても消えず、どうしようもなかったから。
スキップフロアもとってもいいです。リビング下は、子供たちの秘密基地のようになっていて、お友達が遊びに来てもとっても楽しそうに遊んでくれています。おもちゃがリビングに散乱しないのもありがたいです。マンションの時はすごかったから。子供たちの様子が見れるように、半地下に室内窓を作ってもらったんですが、子供たちはそこに足をかけて中二階に上がるのが楽しいみたいで。まるでフィールドアスレチックのようです。子供たちが大きくなったら何に使うか楽しみです。背が立たないので、ちょうど籠れるような感じがまたいい。主人は俺の趣味の部屋にしたい、なんて言っています。ゴロリと横になってシアタールームにもいいかなと。

DSC_0200.jpg

カーポートバルコニーもとっても楽しいです。夏はプールを楽しみましたが、今はハンモック。ネットでお安く調達しました(笑)。このカーポートバルコニーは、1階から段差6段で上がれるので、洗濯機からの動線が良く、干すのが楽なんです。取り込むときも中2階に一時保管できるので、リビングに散乱しません。子供が本を読んだり、本当にいろいろな用途に使えてとっても良かった。主人の希望だった、「普通の家はつまらん。おもしろい家がいい」という希望もかないました。

_DSC8407.jpg

家事動線もバッチリでした。キッチンの後ろに洗面脱衣室を作ってもらったんですが、通常1坪のところ1.5坪にしてもらったんです。そこに子供たちの洋服は全部入れているので、お風呂から出た後もすぐに着替えができるし、食べ物で衣類を汚してもその場で着替えられます。とっても便利です。
2階は納戸と主寝室の間にウォークインクローゼットを設けて、両方から入れるようにしました。最初、扉をつけていなかったのですが、もう一人子供ができたらその部屋が子供部屋になるので、引き戸をつけておいたほうがいいと主人の母に言われ、つけました。納戸には収納がないので、このクローゼットを供用で使えると思っています。

住みたい家のイメージを、友人にお話を聞いたり、見学会で見たり、ネットで画像を探したりして室長に伝え、イメージ通りの家が建ちました。主人の希望もかなったし、住み心地にもとっても満足しています。子供たちがかくれんぼする場所にも困りません。本当に良かったと思っています。

_DSC8169.jpg_DSC8223.jpg


『互いに気兼ねせず、将来両親が高齢になっても安心できる二世帯住宅を』との想いで実現した理想のわが家。

_DSC0109.jpg
家づくりのきっかけは?
結婚して実家近くの賃貸住宅に住んでいました。妻と両親と4人で会話をしている時に誰からともなく、そろそろ自分たちの家を建てたほうがいいのではないか?とか、将来、体が不自由になってからのこともあるので建てるなら二世帯住宅がいいね、とか、そんな話が出て、母が「こんなチラシが入っていたよ」と石山工業所さんの見学会のチラシを持ってきてくれたんです。そうか、じゃあ行ってみよう!と、4人で出かけました。そんな感じで、家づくりがスタートしました。

石山工業所に決めた理由は?
家を建てるにも土地がなかったので、土地探しと会社さがしを同時進行で行いました。石山さんの見学会に行った後も、住宅展示場に行ったり、地元の工務店さんを見て回りました。土地探しは石山さんのほか、不動産会社や別の工務店にも声をかけ、土地の広さと予算、二世帯住宅を建てたいという意向を伝え、物件探しをはじめました。
大手ハウスメーカーはやはりどこも高くちょっともったいないな、と思い断念。別の工務店も、金額的にはハウスメーカーよりは安かったのですが、ピンとくる会社がなかったのです。胡散臭いというか・・・。家づくりそのものに対する興味より、早く契約したい気持ちが強いようで・・・。そういう姿勢が見えてしまうと、どうも気が乗らないですよね。そんな中、石山さんは契約をせかすようなことは全くなく、ご家族で経営されているせいかほのぼのしている感じでした。大工さんも自社で抱え、ご長男が現場監督をしているので『そんな悪いことはしないだろうな』と感じました。金額的にもハウスメーカーに比べると3~4割ほど安かったんじゃないかな。『地元岩槻で建てるんだし、石山さんにお願いするのがいいんじゃないか』と家族の意見がまとまっていきました。初めに見学会に行ってから、半年ほどたっていたでしょうか。
そんな絶妙のタイミングで石山さんから、『希望に近い土地が出ましたよ。この条件はなかなか出ないので、すぐ決まっちゃうと思います。さっそく見に行きましょう』とお声掛けいただきました。実際に見に行くと、やはりこれまでに見たものや、その時に売り出されていた他の物件と比べても『この土地がいい!』と思い決めました。石山さんからはそれほど多くの物件を紹介されたわけではなく、これ!という物件だけを紹介していただいていたので、おそらく希少な物件だったのだと思います。ラッキーでした。

_DSC0327.jpg_DSC0205.jpg
どんな家を建てたかったのですか?
正直、コンセプトのようなものはありませんでしたが、玄関は二つ、キッチンは二つ、浴室、洗面、トイレなどももちろん別々の完全分離型二世帯住宅を建てたいと思っていました。お互いに友達を呼んだ時なども気を使わずに暮らせるほうがいいね、と話していましたので。内部でのつながりは、玄関入ってすぐの扉一つ。これがあれば、一緒に食事をしたり、会話をしたり、コミュニケーションをとるには十分ですから。それ以外の要望は、住宅展示場や見学会、ネットで見つけた『これはいいな』、と思うものを画像で撮って、社長の奥様である設計室長に伝え、実現可能か相談していきました。
メインの玄関の奥に、シューズクロークを兼ねた家族用の玄関を設けたり、スキップフロア型の書斎や、大工さんが造作で作る洗面化粧台、寝室とウォークインクローゼットを緩やかに仕切って動線をよくしたプランなどは、住宅展示場や見学会、ネット上で見つけて採用したものです。また、妻も仕事をしていましたし、将来は働きながら子育てをすることになると思っていたので、室長の提案も参考になりました。たとえば、キッチンから洗面脱衣室、浴室まで一直線のプランを提案していただいたのですが、引き戸を開けておけば、炊事をしながら移動せずに洗濯機の様子をチェックしたりできるので、とっても便利ですね。
_DSC0315.jpg
家を建てているときに感じたことは?
自宅から近かったこともあり、ちょくちょく現場を見学に行かせてもらっていました。そうすると、気づくことがあるんです。『ああ、この位置にテレビを置くんだから、ここにコンセントをつけておくべきだった』とか、『この雰囲気だと、フローリングの色味はもう少し淡いほうが良かった』とか。そんな時には、監督さんに相談して、可能なものは変更してもらいました。逆に、監督さんから提案してもらえることもありました。『ロフトに上がる階段下があいているので、入口をあけておけば収納として使えますよ』と。計画段階では決めなければいけないことがとっても多いので、どうしても細かいところまで気がまわらず、工事が始まってから気づくことが結構あるのです。こういうことにも、可能な限り対応してくれるスタンスがとってもありがたかったです。
_DSC0083.jpg_DSC0250.jpg
住み心地はいかがですか?
とってもいいですよ。プランに関してはすべて想定通りで、生活しやすいです。家を建てた後に子供が生まれたのですが、リビングにつながっている和室が大変役に立っています。ただ、やっぱり真夏はエアコンをかけなければ暑いし、冬は暖房がないと寒い。これは、いくら断熱性能を高めてもダメなんだなと思いました。
 
これから家づくりをされる方にアドバイスを
2つあります。1つは、いいな!と思ったプランを画像で残しておくこと。見学会や展示場に行った時に『ああ、これはいい!』と思ったものはすぐに写真を撮って、ストックして室長に伝え、できるものはすべて実現しました。知らないことは伝えられません。『いいな!』と思うプランを実現するためにはとっても重要な作業だと思います。また、そういう依頼を嫌がらずに実現してくれる会社に依頼することも重要だと思います。
もう一つは、工事が始まってからも安心せずに現場に足を運ぶこと。先ほどお話したように、注文住宅は決めなければいけないことがたくさんあるので、設計段階ですべてに気を配るのは難しいのです。ずっとそこに住むことになるわけですから、積極的に足を運んで『より良い家にするために今からできることはないか?』という目でチェックするとよいと思います。もちろんできないことの方が多いでしょうし、工事の邪魔をしてはいけませんが、大工さんや監督さんも、仕事をしながら『ここはこうしたほうがいいのでは?』と思っていることを相談してくれるかもしれません。全然行かなければ相談のしようもないでしょうから。
監督に提案してもらった、スキップフロアの書斎からロフトに上がる階段下スペースに設けた収納スペースは、子供がもう少し大きくなったら、秘密基地にぴったりだと思い、今は荷物を入れずにあけています。
_DSC0115.jpg

お客様の声 一覧

完成見学会のお話です。 26.9-20~21開催しました。

見学会靴  

9月20日11時頃の状態です。この時点で、10時から5組の
ご来場をいただきました。
「こんなに見学会って来るんですか?」
そうなんです。弊社の完成見学会は、
建築予定のお施主も含めて、
毎回25~30組のご来場をいただいてます。

なぜそんなに人気があるのか。
◆ ちょうど建てたい坪数だから。
◆ 標準仕様の内容がわかるから。
◆ 注文住宅なので、施主様の意見がふんだんに入っているから。
◆ 珪藻土や無垢の床等を体感できるから。

実際、クロスや玄関タイル、収納スペース等参考になるものは、
写真を撮ってもいいとのご了解をいただいてます。

今回のHさまからも、
弊社の完成見学会を何回も見に来ていたいて竣工しました。

「今度は私達番ですね。」
との暖かいコメントをいただきました。

引渡し前に、気持ちよく完成見学会場として
貸していただける、本当にありがとうございます。

家づくりは楽しくで~す! 26.4-22

事務所打合

「こんな感じで2時間ジックリ打ち合わせしてます」
お菓子を食べ、お茶を飲み、DVD・絵本を見ながら、
私たちは、この時間を大切にしてます。

6月着工のS様 今日は、2.3女共々同伴の打ち合わせ。
いつの間にか「いい感じで遊んでま~す」。
アッという間の、2時間の打ち合わせでした。

模型

「この模型の数が何を語っているのか!弊社の注文住宅の人気の秘密です。」
お施主様との契約後の模型製作の作品です。契約後に、必ず図面をもとに
模型を造ります。(この中の6件が現在施工中です)
高い買い物の我が家を、紙ベース(平面・立面・パース)だけで満足できますか。
家の間取りってわかりますか。外壁のパターン張りってどうなんでしょうか。
屋根の形だって「や~ね」で終わっていませんか。模型しか語れないものがあります。

だから、竣工時には、「すご~い」の歓声と笑顔がこぼれます。


◆私たちの家は、「暮らしの」大切な基盤!

1.家族の「命」「健康」を守る
  (基本性能+耐震等級3・健康素材)
2.家族の「一家団欒」と「人格形成」を育む
  (維持管理・リフォーム・アフター)
3.家族の思い出を刻む
  (長く大切に使う・家も家族)

「豊かな暮らし」が実現出来る住まいが「真の長期優良住宅仕様」と、
私達は考えます。暮らしに向き合う仕事が出来る「地元工務店」を、
これからもお約束し、責任施工させていただきます。

『家(家族)は、引き渡してからが、本当のお付合いのはじまりです』

マンガで学ぶ働くママの【必読】アイディア集

メニュー