『ワクワクするような、楽しい家を建てたい!』土地探しから始めて実現したスキップフロアの家

_DSC8427.jpg
家づくりのきっかけは?
子供が小学校に上がるまでには家を建てなきゃ、と思っていました。入学してからとなると転校しなければなりませんから。長男はまだ年中だったんですけど、私が産休中だったので土地も探せるな、と思いまして。消費税も上がると思っていましたし。

石山工業所に決めた理由は?
地元の工務店を紹介しているWEBサイトがあって、そこで会社の存在を知り、何回か見学会に参加させていただきました。土地がなかったので、その時に希望の条件をお伝えしていたんです。しばらくして、いい土地を見つけてくださいました。手前側が低く、奥が少し高くなっている土地でした。主人の希望が、「何の変哲もない普通の家はつまらない。住んでいてワクワクするような、そんな楽しい家を建てたい!」というものだったので、スキップフロアの家がいいなと思っていました。この土地であれば、手前側を一段下げて、カーポートバルコニーを造って、スキップフロアのプランができるな、と思って設計室長に相談したんです。そしたら、「それいいですね!そうしましょう!」と、すぐにそういうプランを描いてくれました。そのころには、私の中では石山さんにお願したい!と思っていたのですが、主人はあまり石山さんとやり取りをしていなかったので、他のハウスメーカーにも話を聞いたほうがいいんじゃないか?と言い、何社か話を聞きに行きました。でも、そういうピンとくる提案をしてくれる会社は他所になく、これまでのやり取りから信頼もできたので、石山さんにお願することに決めました。

_DSC8106.jpg_DSC8321.jpg

スキップフロア以外にはどんなご要望がありましたか?
家事のしやすさにはこだわりました。室長に相談しながら、「ここは本当に通れるのかしら?」「これだけあれば十分通れますよ!」とか、さんざんやり取りさせていただきました。あとは、二人のお友達が、先行して家を建てていたのでお話しを聞いたり、ネットでいいなと思うものを探したり。そうそう、スキップフロアがいいなと思ったのも、もとはネットで見つけていいと思ったからです。リビングの下のフリールームに下がる入口を下がり壁にしてもらいたいとか、テレビ台の両脇にスリットの窓を造りたいとか、スキップフロアの上にこんな本棚を造りたい、とかもピンタレストで見つけた画像を室長に見せて、「こういうふうにしたいんです!」とお願いすると、「わかりました!」とすぐに反映してもらえました。要望をスムーズに伝えることができ、それを的確に採り入れてもらえたので、とってもよかったです。

DSC_0183.jpg

家を建てているときに印象に残ったことは?
何度もチェックにいったんですが、洗濯機置き場のコンセントの位置とか、窓やエアコンの位置など、細かいけれど、変なところにつけると、後々後悔するようなところは、声をかけていただき『この辺でいいですか?』とか聞いてくれたんです。また私がみて、「あちゃ、これはここにしたほうが良かった」と思ったことは、室長や監督に相談して変えてもらえるところは変えてもらいました。何も聞かれずにそのまま付けられていたら、と思うと声を掛けてもらって、本当に良かったと思います。

住み心地はいかがですか?
本当にいいですよ。真夏に家に帰ってみたら、涼しくて、外と全然違うのでビックリ!こんなに違うんだ!と驚きました。24時間換気のおかげか、朝起きてみると前の晩の夕食のにおいなんかすっかり消えています。以前住んでいたマンションでは匂いがこもって翌朝になっても消えず、どうしようもなかったから。
スキップフロアもとってもいいです。リビング下は、子供たちの秘密基地のようになっていて、お友達が遊びに来てもとっても楽しそうに遊んでくれています。おもちゃがリビングに散乱しないのもありがたいです。マンションの時はすごかったから。子供たちの様子が見れるように、半地下に室内窓を作ってもらったんですが、子供たちはそこに足をかけて中二階に上がるのが楽しいみたいで。まるでフィールドアスレチックのようです。子供たちが大きくなったら何に使うか楽しみです。背が立たないので、ちょうど籠れるような感じがまたいい。主人は俺の趣味の部屋にしたい、なんて言っています。ゴロリと横になってシアタールームにもいいかなと。

DSC_0200.jpg

カーポートバルコニーもとっても楽しいです。夏はプールを楽しみましたが、今はハンモック。ネットでお安く調達しました(笑)。このカーポートバルコニーは、1階から段差6段で上がれるので、洗濯機からの動線が良く、干すのが楽なんです。取り込むときも中2階に一時保管できるので、リビングに散乱しません。子供が本を読んだり、本当にいろいろな用途に使えてとっても良かった。主人の希望だった、「普通の家はつまらん。おもしろい家がいい」という希望もかないました。

_DSC8407.jpg

家事動線もバッチリでした。キッチンの後ろに洗面脱衣室を作ってもらったんですが、通常1坪のところ1.5坪にしてもらったんです。そこに子供たちの洋服は全部入れているので、お風呂から出た後もすぐに着替えができるし、食べ物で衣類を汚してもその場で着替えられます。とっても便利です。
2階は納戸と主寝室の間にウォークインクローゼットを設けて、両方から入れるようにしました。最初、扉をつけていなかったのですが、もう一人子供ができたらその部屋が子供部屋になるので、引き戸をつけておいたほうがいいと主人の母に言われ、つけました。納戸には収納がないので、このクローゼットを供用で使えると思っています。

住みたい家のイメージを、友人にお話を聞いたり、見学会で見たり、ネットで画像を探したりして室長に伝え、イメージ通りの家が建ちました。主人の希望もかなったし、住み心地にもとっても満足しています。子供たちがかくれんぼする場所にも困りません。本当に良かったと思っています。

_DSC8169.jpg_DSC8223.jpg


マンガで学ぶ働くママの【必読】アイディア集

メニュー