岩槻区 浄安寺様 2017.01-15 竣工


浄安寺エントランス左が本堂、右側が寺務室、客殿へとつながっています。
その渡り廊下の、中半の化粧し津が今回の改修工事となりました。
バリアフリーと特にご年配の方々に使い易いトイレをコンセプトにつくられました。
通路のスロープの檜の床が滑りやすいということで、和紙畳の市松張りで仕上げました。




化粧室の床もバリアフリー仕様で、和紙畳で統一しました。
引き戸を開けると人感センサー付きの照明、換気扇が作動します。




トイレは、既存部分の大きさを改修しました。個室式で女子トイレ:2室、男女兼用:1室
引き戸仕様小便用:1室となっています。




化粧室入口は、内部が見えるようにガラス戸の引き戸仕様にしました。
清潔感と明るさを考えました。小便用の扉は折戸仕様になっています。




正面の洗面化粧台の壁面は、エコカラット仕上げとしました。
化粧鏡照明は人感対応、手洗い蛇口も自動水栓(人が近づくと作動)になっています。




内部のトイレは、TOTOのレストパル仕様(床から浮いている)となっています。
便器の下も掃除が楽にできるというすぐれもの。
床は、ハイドロセラ フロアー(抗菌ウイルス・防臭・防汚・高清潔性)仕様です。




小便器は自動水栓式で、超節水タイプ。きれい除菌水搭載です。
床は、ハイドロセラ フロアー(抗菌ウイルス・防臭・防汚・高清潔性)仕様です。

マンガで学ぶ働くママの【必読】アイディア集

メニュー