総予算とは・・・

総予算とは・・・家を建てるときには、考えなければいけないことがたくさんあります。

その中でも、一番初めに考えなければいけない最も大切なこと、それは、総予算を把握することです。

全額を自己資金で賄える方は、「建てたい家の金額=総予算」となりますが、ほとんどの方は「住宅ローン」を組まれます。

金融機関は、年収×返済負担率=返済限度額という公式を基本として、融資できる金額を決めます。

例えば、年収350万円であれば、返済負担率は30%となりますので、年間の返済額は105万円です。 年間105万円を、金利年1%、35年返済で借りると、約3100万円の融資を受けられます。

これに自己資金(親族からの援助がある場合はそれも含めて)を加えた金額が予算の上限となります。

ただし、年間105万円を月額で均すと、月8.75万円です。この負担が現実的でなければ、いくらまでなら負担できるかを想定して、その金額から融資額を算出します。(他にローンがある場合は、そのままでは上記の融資を受けることは難しいので、対策を練る必要があります。)

こうして総予算の上限を出したら、今度は家づくりにいくら費用が掛かるのかを確認します。

よく言われる『建物本体価格』という金額は、各社によって含まれているモノがバラバラで、これだけで家が建てられる、と錯覚してはいけません。

全部でいくらかかるのか、を把握しなければダメなのです。

費用は、その土地の地盤の強さや、水道の本管との距離、駐車場が確保できるかどうか等によっても左右されるので、しっかりと見積もらなければ、正確な金額を把握することができません。大変な作業ですが、欠かすことができないのです。

この作業をせずに、見た目の安さだけで建築会社を決めてしまったり、土地を先に購入してしまったりすると、当初考えていた家とは程遠いモノしか建たないことになりかねません。(というか、ほとんどの場合そうなってしまいます。)

総予算とは・・・ご家族の要望を満たす家を手に入れるには、まず、

1.予算総額を把握し、
2.何にいくらかかるのか、
3.希望を実現するためにはいくら位かけられるのか、

を把握しておくのです。

土地が決まっていなくても、必ずかかる費用とどうしても実現したいものの費用がわかれば、土地にかけられる予算が出るので、土地があろうがなかろうが、この作業を先に行うことが大切なのです。

当社の社長は、元銀行員です。当たり前ですが、総予算を把握するのも、家を建てる費用を算出するのも得意です。

ぜひ、ご相談ください。お待ちしております。

マンガで学ぶ働くママの【必読】アイディア集

メニュー