住宅ローンを組む手順とは?

■住宅ローンを組む基本的な流れ初めて住宅ローンを利用する前に知っておきたい、住宅ローン手続きのおおまかな流れをご説明します。購入したい不動産が決まったら「仮審査」

住宅ローンを利用してマイホームを購入したいと思ったら、購入したい不動産が決まった時点で金融機関に「仮審査」を申し込みます。

仮審査を行うことで、購入したい不動産の担保評価や借入希望者の信用調査などが行われ、大まかな金額で借入可能かどうかがわかります。

本審査は不動産の売買契約締結後に行われるので、万が一審査が通らなかった場合に面倒なことになります。

事前に仮審査を行うことで購入の見通しが立ち、本審査にスムーズに移行することができます。

売買契約を結んだら「申し込み・本審査」

仮審査で承認が下りると、本格的に不動産購入の手続きを進めていくことになります。

本審査は通常2~4週間程度かけて行われ、仮審査の時より念入りに担保不動産の評価、信用情報の調査が行われます。

仮審査が通っていれば、よほどのことがない限り本審査で否決されることはありません。

ただし本審査になって不利な条件が発覚したり、借入希望額を増額すると否決される恐れがあるので注意しましょう。


本審査に通ったら「金銭消費貸借契約」

本審査に通れると金融機関と「金銭消費貸借契約」、つまり住宅ローンを借りる契約を結ぶことになります。
この時、担保となる不動産に抵当権を設定する契約も同時に行われます。


不動産の引き渡しと同時に「融資実行」

住宅ローンの融資実行は、不動産の引き渡しと同日に行われます。

そのため、不動産の引き渡しは住宅ローンを融資する金融機関で行われることがほとんどです。
一般的に債務者の口座に融資額が振り込まれる形で実行され、債務者はその場でそのお金を売主に支払うことになります。


■マイホーム購入担当者に相談する住宅ローンを申し込む際の手順や必要書類は、金融機関によって少しずつ変わってきます。

住宅ローンの利用が初めてで不安があるという人は、不動産会社のマイホーム購入担当者に相談してみると良いでしょう。
購入希望者が住宅ローンを利用できるかどうかは不動産会社の売り上げに直結するため、熱心にアドバイスしてくれます。

経験豊富な担当者は数多くの住宅ローン案件の可否を見ているので、購入希望者に向いている(審査の通りやすい)金融機関はどこであるかも分かるようになります。

金融機関に提出する申し込み書類などのチェックも行ってくれるので、漏れなくスムーズに手続きを進めることができます。

マンガで学ぶ働くママの【必読】アイディア集

メニュー