頭金ってどのくらい用意すべき?

■頭金とは?何のために必要なの?
頭金ってどのくらい用意すべき?住宅ローンを利用するときの「頭金」とは、物件価格からローン借入額を引いた金額を指します。

3,000万円のマンションを購入するのに、住宅ローンが2,500万円なら、頭金は500万円です。

似たような言葉に「自己資金」があります。
自己資金とは、頭金に住宅購入に必要な諸費用を加えた金額です。

多くの住宅ローン利用者が、手元にある貯蓄や親の援助を自己資金にあててローン利用額を減らしています。

では貯金もなく親の援助も期待できない場合、頭金0、自己資金0で住宅を購入するにはどうすればよいのでしょうか。

■どのくらい用意するのが一般的なの?一般的に「頭金は物件価格の2割」と言われてきました。

かつて日本の住宅供給を支えた住宅金融公庫(=現住宅金融支援機構)では、融資の上限を物件価格の8割としてきました。
残りの2割を頭金として自力で用意しなければならないということです。

この2割には根拠があります。

担保として抵当権が設定される物件が新築の場合、入居直後に価値が8割に減ってしまいます。
一度住んでしまうと新築と同じ値段で売れないことが理由です。

万が一、住宅ローンの返済が滞った場合、金融機関は担保となる物件を売却して貸し出した金額の回収に当てます。
物件が売れる価格以上のお金を貸出すわけにはいかないため、融資の上限を物件価格の8割としていたのです。

■頭金が用意できない場合は?頭金がない場合でも、住宅ローンを組むことは可能です。

金融機関は、年収に対する返済負担率や返済計画をもとに、無理のない範囲での融資を行っています。
ご自身の経済状態や将来のマネープランを把握し、無理のない借入額を知ることで、住宅購入の計画を立てることができます。

マンガで学ぶ働くママの【必読】アイディア集

メニュー