アイ・エスホーム|株式会社石山工業所

施工事例

全館空調の家「風運時」体感モデルハウス

タグ:,,

全館空調の家というと、空気が暖かいというイメージがありますが、ずっとゆっくり温めているので、建物自体が暖かくなり、足元もスースーしません。だから、床にベタっと座る気になるのです。

キッチンにダイニングテーブルを並べるサイドダイニング。お料理を出すのも、食器を片付けるのも、ラクチン。

ママの指定席は、今立っているすぐ隣の席だから、動線も最高です。

サイドダイニングの奥、パントリーの横にスタディーカウンター設けました。

家族の視線が届くどこかに、勉強できるスペースを用意することをお勧めしています。

キッチンに立つママの目線。LDK全体に加え、中2階で遊ぶ子どもたちにも目が届きます。

スキップフロアの中2階。

1階からも2階からも人の気配を感じる特別な空間です。

天井は吹き抜けで開放感たっぷり。

中2階の下は土間収納。

土間だから高さも確保できています。

リビングとの仕切りはありませんが、全館空調を可能にする断熱性気密性の高い省エネルギー住宅だから大丈夫。

玄関からリビングへつながる扉を見たところ。

外気と室内の違いを最初に感じるところです。

子供部屋とロフト。

大きくなったら、2つに分けて使えます。

ロフトは吹き抜けに。

洋室のクローゼットはあえて扉を付けず広く見せています。

家全体へ夏は冷風を、冬は温風を届ける蓄熱室。ここにため込んだ加熱・冷却した空気を、1階用、2階用のファンで各部屋へ送り込むことで全館を一定の温度に保ちます。

埼玉という地域の特性と、住宅の性能、家の広さから、必要な暖房能力を算出し、適当なエアコンを選んでいます。

全館空調だから、洗面脱衣室もリビングも基本同じ室温に保たれます。

急激な温度差によって起こるヒートショックを防ぎます。

全室を同時に換気することができるルフロを採用しているので、トイレも温度差がありません。

熱交換換気を採用して、全室の換気を行なおうとすると、トイレの臭いを熱と共に室内に戻してしまうことになるため、通常、トイレ単独で換気することになります。

すると、トイレ内の温度は下がってしまうのです。

当社が採用している全館空調「風運時」は、住宅性能の高い家に、既存のシンプルな仕組みを採用することで、コストを抑えつつ、夏も冬も快適な住宅を実現する仕組みです。

ご興味のある方は、ぜひ体感しに来てください。

常駐はしておりませんので、ご希望の方はご予約をお願いいたします。

ご予約はお電話 048-756-0460

または、お問い合わせページよりご希望をお知らせください。

折り返しご連絡させていただきます。

カテゴリー

タグクラウド

旗竿地 長期優良住宅 自然素材 全館空調 スケルトン階段 吹き抜け 認定低炭素住宅 平屋 ロフト カーサ・カリーナ 二世帯住宅

お問い合わせ

家づくり相談室

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ