アイ・エスホーム|株式会社石川工業所

お客様インタビュー

『自然素材を生かして手作り感あふれる家を!』長期優良認定の二世帯住宅

Date:2019年3月25日

さいたま市岩槻区 K様邸

家を建てることになったきっかけは?
お母さま:それまで、私はこの近くのマンションに、夫婦は茨城で、別々に暮らしていました。そこに2011年の地震が起きて・・・。
ご主人:茨城の北のほうでしたので、周囲では倒壊してしまった家もありました。自宅は倒壊こそ免れたものの、家の中はメチャクチャで。放射能のこともあり、取り急ぎ母の自宅に避難しました。事故は長引きそうでしたので、いつまでも居候するわけにもいかないからと、近くにアパートを探し、住み始めました。これからどうする?という話になり、『近くで別々に住むよりも、一緒に住んだほうが何かと安心だね』ということで、二世帯で一緒に暮らすことにしました。仕事場を確保するにも、子供ができた時のことを考えても、一戸建てがいいね、ということで中古住宅を探し始めました。

 

石山工業所のことはどうやって知ったのですか?

中古住宅を探し始めてはみたものの、なかなか気に言った条件の物件がなくて。新しい物件を中心に見ていたので、古くてNGというのはなかったのですが、雰囲気が悪いとか狭いとか。そもそも3人とも車がないといけないので、3台分の駐車場が必要だったんです。3台分の駐車スペースがある物件を見つけようとするとなかなかなかったんです。すごく遠くに行くか、豪邸になるか。探して探して、結局見つからず、一度は断念したんです。こんな条件じゃ見つからないって。
お母さま:しばらくして、長男が石山さんを見つけてきたんです。地元で自然素材を使って家を建ている会社があるよ、と。

 

石山工業所に決めた理由は?ほかの会社は見なかったのですか?

3台駐車場のある中古住宅がないなら、3台分の駐車場を確保した家を建てればいいじゃないかと発想を変えたんです。それからいい土地がないか?と不動産会社を回りながら、ハウスメーカーや住宅展示場、地元の工務店とたくさん見ました。そのうちの1社が石山さんだったのです。予算にも限りがあったのですが、石山さんは『大丈夫でしょう、いけると思いますよ』と頼もしいお言葉をいただき、長期優良住宅の補助金制度のあらましやメリットなど、たくさんアドバイスをいただきました。
やはり岩槻で家を建てるなら、できれば岩槻の地元の会社さんがいいと思っていました。自然素材を使った家を建てたいと思っていて、石山さんが自然素材の家を建てることに長けていたことも大きかったです。

 

どんな家を建てたかったのですか?
ご主人:まずは、仕事場を確保すること。漆塗りの仕事をしているので、その作業場を確保する必要がありました。漆はある程度の湿気がないと乾かないという性質があり、乾燥させるための収納スペースも必要なので。最近は仕事も増えて手狭になってきたので増築できないかなと石山さんに相談しているところです。あとは、自転車を室内に保管できるスペースの確保ですね。アパートに住んでいるときに盗難にあいました。雨ざらしも残念なので、やはり屋内に自転車を置きたいと思いました。結果的に、玄関の土間と一体になる土間収納に置くことになったのですが、自転車のトーンに合わせて、土間収納の部分だけ鮮やかなタイルを選びました。

暮らしの中で、木の雰囲気を感じられるようにしたかったので、無垢の梁を見えるようにしていただきました。洗面化粧台は住宅設備メーカーのプラスチックでできた既製品ではなく、木枠の鏡や無垢の板、ボウルを買ってきて、大工さんや職人さんと一緒に作り上げました。

化粧台のテーブルは私が漆で塗りました。脱衣室と仕事場は珪藻土で塗ることにして、わがままを言わせてもらい、自分で塗ったんです。でも、漆はへらで塗るんですが、珪藻土は小手で塗るので勝手が違い、なかなかうまく仕上がりませんでしたが。

外壁は全面無垢の板で仕上げようとおもったのですが、予算の関係もあり一部を無垢の木で仕上げました。

外構もコンクリートの打ちっぱなしで駐車場をつくるのではなく、ところどころに緑が見えるように自分でデザインして、施工は石山さんにお願いしました。

濡れた洗濯物を2階に上がって干して取り込むというのは避けたかったので、リビングの掃き出し窓の外に濡れ縁を用意してもらい、そこに物干し竿を設置して家事動線をスムーズにしてもらいました。

住み心地はいかがですか?
前に比べると、とっても広くなったので暮らしやすいです。さすがに夏はエアコン、冬は暖房をしないわけにはいきませんが、夏は気密性が高いので、エアコンがすぐ効きますよ、寒くなるくらいに。冬は床暖房をつけていただきましたので、ヒーターと併用してとてもあたたかく快適です。

建ててから5年ほどになりますが、まあビクともせずに頑丈で安心です。梁や柱は建てたばかりのころはもう少し白かったのですが、少しづつあめ色に焼けてきました。

家づくりを通して感じたことはありますか?
この家は長期優良住宅なんだそうで、補助金をいただいたり、指定された関東近県の木材を使用することで、ポイントをいただいて、木のTV台をいただいたり。あ、長期優良住宅だと税金も少しお安くなるんだそうです。

こんなこと、普通の人は知らないですよね?全部、石山さんにアドバイスをいただいて進めました。リードしていただけなければ、まずそういう選択をすることはなかったと思います。

柔らかい輸入材はシロアリに弱いというような話もあり、日本の木を使いたかったのでちょうどよかったです。そういう意味でとてもありがたかった。石山さんにお願いしてよかったと思っています。

このお宅の施工事例はこちら

 

お問い合わせ

家づくり相談室

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ